トップページ > 治療内容 > インプラント

治療内容

インプラント

インプラント|治療内容|聖歯科医院
インプラント|治療内容|聖歯科医院
※当院では主にstraumannインプラントを使用しています

インプラントとは人工歯根療法とも呼ばれる治療法です。
歯を失ってしまったところに人工歯根(インプラント体)を埋め込み、アバットメント(支台)を接続し、その上に人工の歯を被せます。見た目も自然で美しく、入れ歯などの装着時の異物感や話しにくさがなく、硬いものもしっかり噛めるなど、天然歯とほとんど同じ状態まで回復させることができます。

インプラントの材質は、骨と直接結合する特性を持つチタン製です。生体組織に適合しやすく、金属アレルギーの報告がない材料としても知られ、心臓のペースメーカー、人工関節など、さまざまな医療分野で利用されています。また、ブリッジや入れ歯とは異なり、土台となる歯を削ったり、バネを他の歯にかけたりしないので、健康な他の歯に全く負担をかけずに治療ができます。
又、最近ではオールセラミックスという方法で補綴(かぶせる)するため、天然歯と同じ色、同じ形態で装着できます。

歯は、口の中に見えている「歯冠」とあごの骨の中に隠れていて見えない「歯根」との2つの部分からできています。特に、歯根は歯を顎骨に固定し、歯冠をしっかりと支えている部分です。歯根がなくなると、抜けた歯の周りの骨がやせ細る、残った健康な歯が移動し噛み合わせがわるくなり、顔の輪郭が変わり表情が老けてみえるなど、さまざまな悪影響をもたらします。
健康な歯は、豊かなライフスタイルを実現するための、重要な役割を担っているのです。

お持ちの疾患の種類や症状、妊娠中の方など、治療が制限されることもありますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療の流れ

1)受付・カウンセリング

歯の状態・健康状態をチェックします。チェックした状態を精査し、費用、期間などを含め、患者さまの要望をお聞きしながら、インプラントに限らず患者さまに合った治療法を探していきます。また、十分にご納得いただいた上で処置を受けていただきますので、ご安心ください。

2)精密検査

必要に応じて歯型や歯並びの写真、歯のレントゲン、CT撮影スキャンなどを行います。

3)説明

治療方法、期間、費用などを患者さまにお伝えします。

4)治療スタート

  1. インプラントの埋め込み手術
    手術は、麻酔を施しますので、痛みはありません。個人差はありますが、術後の痛みも通常の抜歯程度で、術後数日で落ち着きます。入院の必要はありません。
  2. 歯(上部構造)の装着
    インプラントの埋め込み手術の後、歯(上部構造)の装着となります。期間についても個人差がありますが、下顎は3ヶ月程度、上顎は4~6ヶ月程度(口腔内の状況により変わります)です。

5)定期検診・メンテナンス

インプラントを行った歯やほかの歯を定期的に検診し、メンテナンスを行います。最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら2、3ヶ月に1回、更に状態が落ち着いてきたら半年に1回程度受けることをおすすめします。

インプラントにかかる費用

保険外診療のため、自己負担となります。
費用はインプラント体の埋入本数やインプラント体を支える顎骨の状態により異なりますので、詳しくは担当の医師にご相談ください。ほかの健康な歯に負担がかかる、噛み心地が悪いなどの問題がほとんどなく、手入れをしっかりと行うことで長期的に健康な歯を手に入れることができるため、多くの患者さまに喜ばれています。当院では20~30年に及ぶ治療実績があります。

インプラント Q&A

インプラントの治療をするとき痛くないですか?

手術を受ける前には必ず麻酔をするため、インプラントを行う際の痛みに対する心配はありません。ただし、まったく何も感じないというわけではなく、抜歯する際に感じる痛みと同じぐらいの軽いものだとお考えください。

インプラントは自分の歯と同じように食事ができるのですか?

インプラントは手術を行ってから顎の骨としっかり固定されるためには最低1.5ヶ月~3ヶ月の治癒期間が必要です。

その後は、ご自身の歯と同様、何でも咀嚼する事が可能です。
但し、定期的なチェックをおすすめします。

このページの先頭へ

治療内容

訪問歯科冊子 無料プレゼント

スタッフ募集